ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

ミニッツ ~一分間の絶対時間~

2012-07-07

ミニッツ1
電撃文庫
著作名:ミニッツ ~一分間の絶対時間~

著者名:乙野四方字(おとの よもじ)
イラストレーター:ゆーげん
発行日:2012/04/10


あらすじ
私立穂尾付学園高校一年一組、相上櫻。
一分間だけ相手の心を読める 『ミニッツ』 能力の持ち主。
“一年生にしてこの学園の生徒会長になる”── そんな大それた野望を持つ櫻は、この 『絶対時間』 を利用し、クラス内で“頼れるが妬まれない、愛嬌のある委員長”という絶妙な立場を演じていた。
しかしある日、ふとした事がきっかけで、自身の秘密を生徒会副会長の琴宮遙に知られてしまう。櫻は、遥の弱みを握り返すため、彼女が提案する心理ゲーム 『馬鹿と天才ゲーム』 に挑む──。

レビュー
これは面白い!土壇場に弱い高校生が騙し合いで凌ぎを削る。

第18回電撃小説大賞<選考委員奨励賞>受賞作品。

一分間だけ相手の心を読むことができ、そしてとある痛い代償を支払う能力を持った相上櫻。
彼はその能力を使って一年生にして生徒会長になるという野望を叶えるべく暗躍していた。
そんな彼に1つの転機が。
知られてはいけない弱みをライバルとも言える生徒会副会長・遙に知られてしまったのだ。
そんな逆境を覆すため、櫻は勝負に出るが…

難しい心理戦を、しっかりと、それでわかりやすい書きぶりで表現しているのもポイントが高い。
キャラの配置、ストーリーの構成共に見事で、非常に読み応えのある仕上がりになっている。

これは非常に興味深い作品だった。
主人公・櫻の人間味というか高校生らしい未熟さがとても好感を持てた。
いざというとき色仕掛けに落ちて全てを台無しにしそうな彼の脆弱さが、読者をこれでもかとハラハラさせる。
俺SUGEEE!な無駄に安定感のある主人公だとこうはいかない。

苛烈な騙し合いに、女の子達が「女」を武器に戦ってくる。
無論それが苦手(というか健全な男子高校生)な櫻は揺さぶられる。
しかし、女の子も実は恥ずかしい。
これは…良いものだ。
なんというか、骨肉の争いにさっと織り交ぜられる青春の香り。

相手の心を読めるという強力な能力と、あまりに痛いその反動。
ミニッツという能力の使い所、その制限、活躍の仕方が非常に「燃える」。
奨励賞の隠し球を発見できて非常に満足した。

これは読んでみて欲しいと思う作品。
2巻も出るので楽しみだ。


評価
★★★★★
(5)

ライト度
★★★
(3)


一押しお願いします


スポンサーサイト

電撃文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/970-07ad8e3a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。