ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

犬とハサミは使いよう5

2012-07-11

犬とハサミは使いよう5
ファミ通文庫
著作名:犬とハサミは使いよう5

著者名:更伊俊介(さらい しゅんすけ)
イラストレーター:鍋島テツヒロ(なべしま てつひろ)
発行日:2012/07/12


あらすじ
「全部、同じじゃないですか」秋山忍【あきやましのぶ】と秋月【あきづき】マキシ渾身の作品を、そう切り捨てた異形の作家、姫萩紅葉【ひめはぎもみじ】。死した彼女の兄にして担当編集、姫萩九郎【くろう】の遺志を継ぎ、俺たちは紅葉に会うため彼女の住む孤島に乗り込んだ。といっても兄、蘇ってるけどな、カラスになって。しかも島には立ち塞がる大量の罠と"箒"を構える最恐メイド。って何ソレ!? 数々の障害によって夏野【なつの】とはぐれた俺たちに、メイドは告げる。「――あの女なら、死んだよ」大人気不条理コメディ第5弾!!


レビュー
夏野霧姫死す?!なんでやねん。

4巻から引き続きのお話。
書き上げた短編をバッサリ切り落としてくれた作家・姫萩紅葉に一言申すべくドS作家と露出狂作家が孤島へ赴く。
もはや作家とか一切関係ないアドベンチャー。

罠に嵌っても輝き続ける露出狂と、罠に嵌ったら(嬉しさのあまり)輝くドM編集者、何故かメイドと死闘を繰り広げるドS作家。
そんな変人共の奇行を尻目に、しれっと最奥に近づいていく犬と鳥。
そんな中、鳥も重度のシスコンワールドを展開しだしてさあ大変。

孤島、謎の施設を巡るアドベンシャーゲームみたいな展開だったが、ちょっと笑いが弱い。
というか、私の感覚だと面白さが右肩下がり…。
なんでだろう。切れが悪くなっているというより、弾数の問題かな。

そして、どうしてもこの作品のシリアスパートが合わない。
今回の霧姫、マキシの魂の叫びも、私の鳥肌を刺激するに至ったのみ。
真面目なパート程響かないってどういうこと、と思うものの、響かないものは響かないんだから仕方ない。

オチとしては今後いろいろ起こりそうな状況に陥ってくれたので、期待は膨らむ。
次はdog earの2巻らしい。
こっちはギャグ重視だからとっても楽しみである。


評価
★★★★
(4)

ライト度
★★★★
(4)


一押しお願いします

スポンサーサイト

ファミ通文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/972-f1b6b2b2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。