ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

ゴールデンタイム〈4〉裏腹なるdon’t look back

2012-07-12

ゴールデンタイム4
電撃文庫
著作名:ゴールデンタイム4 裏腹なるdon't look back

著者名:竹宮ゆゆこ(たけみや ゆゆこ)
イラストレーター:駒都えーじ(こまつ えーじ)
発行日:2012/03/10


あらすじ
とある深夜、束の間だけかつての記憶が戻り、当時抱えていた想いそのままにリンダのもとへ駆けつけようとして見事にこけた多田万里。
翌朝。目を覚ました万里を待っていたのは唇を腫らし超絶ぶさいくになった己の面だった。その上、発熱までして香子をはじめみんなの看病を受けることになるが、なぜかその流れで香子と夏に海に行く話が持ち上がり!?
先立つものは金! とバイトをしようとする万里だが、香子からは一緒にいる時間が減ると大反対され ──。
かつての自分が好きだったリンダといまの自分が好きな香子。二人の狭間で揺れる、万里の心の旅路はまだ半ば?

レビュー
かつての自分の想いに揺れ動く今の自分

香子が大好きな今の万里に、リンダが大好きだったかつての万里の記憶が流れ込んだ。
リンダの元に帰りたいという抗いがたい強烈な欲求と、香子が好きな今の自分との葛藤。

こんな気持ちを抱えたまま香子と付き合っていていいのか。
香子はこんな何もない多田万里という男に引っかかっていていいのか。
そんな悩みでグルグルしながら、すれ違ったり、また近づいたり、恋は乱高下。

3巻がバカップルによる青春大爆発劇だっただけに、テンションの差は激しい。
でもこういう上げたり下げたりがゆゆこ節の真骨頂でもある。

それもこれも青春というゴールデンタイム。
読めば読むほど何もしなかったあの頃が悔やまれて仕方なくなる。


評価
★★★★
(4)

ライト度
★★★
(3)


一押しお願いします


スポンサーサイト

電撃文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/973-467cdf37

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。