ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

ココロコネクト ステップタイム

2012-07-24

ココロコネクト ステップタイム
ファミ通文庫
著作名:ココロコネクト ステップタイム

著者名:庵田定夏(あんだ さだなつ)
イラストレーター:白身魚(しろみざかな)
発行日:2012/07/12


あらすじ
お付き合いするということは、二人の仲が進展するということ――生まれて初めて恋人ができた桐山唯【きりやまゆい】は、悶えていた。それを見かねた親友の雪菜【ゆきな】は太一【たいち】&稲葉【いなば】、中山【なかやま】&石川【いしかわ】を巻き込んだトリプルデートを計画して……!? 戸惑いの初デートから、五人が互いの第一印象を語る創部ヒストリー、稲葉と伊織【いおり】の友情秘話に藤島麻衣子【ふじしままいこ】と1年生コンビが立ち上げたプロジェクトの全貌まで! 愛と青春の五角形コメディ、美味しいところがぎゅっと詰まったココロコレクト第2弾!!

レビュー
クライマックス直前の間を埋める短編集

文研部創設当初のメンバーのお話「ファーストエンカウンター」
伊織と稲葉が友達になるきっかけとなった「ふたりぼっちの友情」
付き合いだしたものの煮え切らない唯と中山ちゃんを奮起させるべく行われたトリプルデート「デート×デート×デート」
リア充な文研部をリサーチすべく藤島さん(と仲間たち)が暗躍する「この我が道を行く疾走」
の4本立て。

最初の2本が初期(ヒトランダムあたり)の話で、最後の2本がユメランダムの後の話。

ふうせんかずらによる事件は無いから、たっぷりとココロコシリーズの青春成分のみを堪能できる。

トリプルデートでは恋愛初心者の唯・中山に対して、熟年夫婦みたいになっちゃってる太一・稲葉の対比が面白かった。
残り巻数も少ない中で、今後デレバンがどれだけ出てくるかが非常に重要になってきた。
出力調整とか照れ隠しっぽい言い訳も出てきたけど、わかってても出てきたらやられる、それが僕らのデレバンなんだ!だから出てきて!
唯と中山ちゃんも健気で可愛いんだけど、正直デレバンがもう少し欲しかった。

他の3編も安心して楽しめる仕様になっていて気負わず読める。
次巻から最終章だが、その種まきもしっかりやってるところが憎い演出。

ここまできてわざわざココロコ固有の魅力を語るべくもない、安定クオリティー。



評価
★★★★☆
(4.5)

ライト度
★★★
(3)

一押しお願いします

スポンサーサイト

ファミ通文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/983-89128328

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。