ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

ネバー×エンド×ロール ~巡る未来の記憶~

2012-07-25

ネバー×エンド×ロール
メディアワークス文庫
著作名:ネバー×エンド×ロール ~巡る未来の記憶~

著者名:本田壱成(ほんだ いっせい)
発行日:2012/06/23


あらすじ
高い“壁”の中で埋もれていた、ぼくらの青春。
夏の北海道から始まる青春タイムトラベルストーリー!

この街は壁に囲まれている。
札幌を襲った天災から十六年、復興という名の再開発事業のせいで、街は高い壁の中にすっぽり収まっていた。
風変わりなその街で育った十五歳の少年・駆は外の世界への憧れを抑えきれずにいた。怖いもの知らずの彼は、街一番の秀才・勇夢と幼なじみの夏月を巻き込み、無謀すぎる脱出作戦を立てるのだが……。
そんな夏の日、放課後の屋上に“過去へ駆ける少女”が落っこちてきて―― !? 悩める彼らの運命が動き始める!
一人の少女が巡る三つの暦。
高い壁に秘められた小さな星のナゾを紐解く、青春ロスタイムストーリー。

レビュー
壁に閉じこめられた北の地で、時を戻ってきた少女と出会い…

天災で壊滅した札幌。
そこは大規模な壁に閉じこめられる形で復興を果たし、中の住民は外に出ることが許されていなかった。
外に出たいと夢見る駆、勇夢、夏月のもとに、未来から来た少女が現れ事態は大きく動き出す。

物語のタイムラインは順当に過去から未来に進んでいき、それに逆走する形で過去からやってきた少女・こよみの物語がある。
真逆を向いたそれぞれの矢印がすれ違う瞬間瞬間を描いた物語で、秘密が明らかになっていく中盤以降とても引き込まれる魅力があった。

物語は予想以上のスケールで進んでいくので面食らう部分もある。
だけど悠久とも言える時を越えた、壮大な話の伏線に違いないと納得しながら読んでいた。

やられたのは最後の最後。
オチの部分が(致命的ネタバレになるので名言できないが)個人的にあまりにあまりだった。

ちょっとこのオチは無い。
これまでの話を全部ひっくり返すレベルのどんでん返しが待ってるが、タイムトラベル系の話でこれは…

「タイムトラベルストーリー」という宣伝文句はこの作品には使って欲しくなかった。
いや、実際途中まではそういっても良いんだけど…最後がこれでは元も子も無い。

私が作品の真の意味を読み取れてないだけかもしれないが、ガッカリ感が凄い。
ここまでのダメージを受けたのは久々かもしれない。


評価
★★★
(3)

ライト度
★★★★
(4)


一押しお願いします

スポンサーサイト

メディアワークス文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/984-531fadcf

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。