ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

ミニッツ2 ~神の幸運、天使の不運~

2012-08-03

ミニッツ2
電撃文庫
著作名:ミニッツ2 ~神の幸運、天使の不運~

著者名:乙野四方字(おとの よもじ)
イラストレーター:ゆーげん
発行日:2012/07/10


あらすじ
『相手の心を読む』 ミニッツ能力者・相上櫻の前に難敵が現れた。『常に勝負に勝つ』 という神のような少年・守垣内明芳。彼に理解不能の敗北を喫してしまった櫻は、学園でも 『ドジっ娘天使』 として人気の守垣内芽明 ── 明芳の妹と共闘関係を結ぶという奇策にでる。彼女は兄の傲慢な振る舞いを戒めるべく、櫻に兄を負かしてほしいと懇願してきたのだった。
創作遊戯研究会メンバーも巻き込み、櫻と明芳はゲーム 『ワルツの十四番』 で対決する。運命を従える 『神』 と、心を読む 『策士』。白熱の心理戦の行方は──。

レビュー
新たなゲームで挑む相手は神?

遥との勝負に勝って盤石のはずだった生徒会選挙。
蓋を開けてみたら、生徒会長には誰とも知られていなかった新参者・守垣内明芳が当選していた。
彼の生徒会長当選には不自然な点が多く、櫻は選挙のやり直しを行うべく暗躍を始める。

「常に勝負に勝つ」という神の如き能力を持つ守垣内明芳に、絶対に負けられない勝負を挑む櫻。
用いるゲームは創遊研が創った「ワルツの十四番」。
知略と能力が飛び交う白熱の戦いの決着は…

「ワルツの十四番」というゲームは戦略性、精度が高く、これにミニッツ能力が加わった心理戦がとても熱い。
櫻の勝負に持ち込むまでの用意周到さや、肝心なところでの涙もろさが物語に起伏を与えてくれる。
息もつかせぬ緊迫の展開を見せる「ワルツの十四番」での勝負は必見。

生徒会長の席の行方は意外というか、やっぱりというか。それは読んでのお楽しみ。

ミニッツ能力の秘密の糸口も少し明かされた。
今後は能力に関する話も出てくるだろうし、楽しめるポイントはまだまだある。

ゲームとミニッツ能力と心理的騙し合いのバランスが見事な作品。
今回は「ワルツの十四番」の出来が良かったこともあって一段と読み応えがあった。


評価
★★★★★
(5)

ライト度
★★★
(3)


一押しお願いします


スポンサーサイト

電撃文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/991-b4337ac2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。