ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

子ひつじは迷わない 騒ぐひつじが5ひき

2012-08-07

子ひつじは迷わない5
角川スニーカー文庫
著作名:子ひつじは迷わない 騒ぐひつじが5ひき

著者名:玩具堂(がんぐどう)
イラストレーター:籠目(かごめ)
発行日:2012/05/01


あらすじ
“ひつじ”ならぬ“しつじ”喫茶で文化祭を盛り上げる「迷わない子ひつじの会」。会長の執事服姿やら佐々原のメイド服やらに浮かれる“なるたま”こと成田真一郎(なるたまいちろう)だったが、伝説の必殺剣の正体、『々人事件』なる奇妙な小説の謎など、隣部屋の“毒舌ツンダラ名探偵”仙波を巻き込んでのお悩み相談も相変わらず大忙し! ワケあり女子たちに翻弄されまくる“なるたま”のおせっかいぶりに、佐々原がついに覚醒する――って、何に!?

レビュー
文化祭で迷える子ひつじが悩みやら、謎やらを運んでくる

やっとわかったこのシリーズの違和感。
話のオチが難しすぎて、オチとして成り立っていない。
これに尽きる。

私の教養が無いと言われればそれまでなんだけれど…
難解なギミックに裏打ちされた謎解き。
ミステリーには必要な要素かもしれないが、この作品の場合、謎の提示までのラノベ的ノリとオチの重さとが釣り合って無い。
読者としてそこまでしっかりと構成された謎解きを求めてない、というのもあるかもしれないが。。。
そのギャップが埋まらないから、小難しいオチに共感できず、記憶にも残らない。
びっくりしたのは過去のお悩み相談の事例を殆ど覚えていなかったことか…

やたらとサブキャラが登場していたけど、誰一人として覚えていないことに驚愕した。
私の記憶力の問題もあるけど、各キャラがそれほど立っていない&出番が少ないのも原因だと思う。

今回の「々人事件」のネタについては、全く意味がわからなかった。
深遠と難解はまた違う。もはや意味不明のレベル。
読者が頭を捻ってなんとか出来る水準を超えてしまった謎が出てくる推理小説に面白みは無い。
それはもはやファンタジー。本作は推理小説じゃ無い、と言われるかもしれないけど。
頭をガッツリ捻りたい方には良いかもしれないけど、それならラノベに拘る必要なんてない。

肌の合わなさをしっかり認識できた。
大賞作として追いかけてきたけど、私はここまで。
会長がデレて来たり、佐々原が落ちかけていたり、これから気になるファクターはあるんだけれどね。。。


評価
★★★☆
(3.5)

ライト度
★★★
(3)


一押しお願いします

スポンサーサイト

角川スニーカー文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/995-20b42ee3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。